淡路島は、本州四国を結ぶ通過点でもありますが、そこにかかる2つの雄大な橋を眺めながらのP泊はなんとも楽しいものです。P泊には、神戸淡路鳴門自動車道のSAも魅力的ですが、下道経由なら、2つの道の駅がなんといってもおすすめ!どちらの道の駅も明石大橋、大鳴門橋のすぐそばにあり、ロケーションは最高ですよ。明石大橋側の道の駅「あわじ」は、とても広い広場があり、子どもたちも大喜びです。近くに日帰り温泉「松帆の湯」もあります。

京阪神から四国へのアクセスには、明石大橋〜淡路島〜大鳴門橋の高速ルートが一番速いとは思いますが、たこフェリー(元明石フェリー)を使ってのんびり気分を味わうのもいいと思います。橋よりも幾分安く渡れると思います。時間に余裕があるときはぜひどうぞ。

  

道の駅「あわじ」

 淡路の入り口、道の駅「あわじ」です。明石大橋を降りて、すぐなので、アクセスもしやすいところにあります。たいへん静かでトラックの騒音もなく、のんびりP泊できます。明石〜淡路(岩屋)付近でP泊するなら、ちょっとがんばってここまで来るとよいと思います。
 近くには、日帰り温泉「松帆の湯」もあります。
      
 今はどうだか分かりませんが、この道の駅には、フランス料理店があります。なかなかおいしかったですよ。よかったらトライしてみてください。
 あと、釣りもできますが、釣具店は近くにはないと思ったほうがいいです。国道28号を南下すると何軒もありますが、本州からの場合、持参したほうが無難です。
 どんな釣りができるかわかりませんが、私なら、1号の磯竿に誘導ウキ仕掛けを持っていきます。えさは、オキアミかゴカイ、イワムシがあれば言うことなしですね。もちろん、玉網もわすれずに・・!

道の駅「うずしお」

 この道の駅からは、大鳴門橋を目線の延長上に見ることができます。渦潮がうねっている中にたくましくかかる雄大な橋は、子どもたちにとっても大人にとっても見ていて飽きないものです。
 夕暮れ時には、きれいな夕焼けをバックに照らし出される橋がなんともいえません。P泊するのであれば、ぜひ夕方の早めの時間に到着されることをおすすめします。
 この日は、とても風が強く、外でゆっくり橋を見るにはちょっとたいへんな日でした。12月ということもあり、寒さも一段と厳しく感じられました。
 
※淡路島南ICを降りてくねくねと道を降りたり上がったりしてたどり着いてください。標識もあったと思うので、大丈夫です。

釣り場情報
仮屋港&伊毘港

仮屋港
道の駅「あわじ」から国道28号を南下していくと、仮屋港が左手に見えてきます。港におりると、空き地があり、P泊するには十分のスペースです。ただ水の補給などはできません。
写真は2月のものです。後ろの山が北風をある程度防いでくれていたようです。
テトラの外側でメバルをねらいましたが、まったくだめでした。
伊毘港
淡路島南ICを降りて右折します。しばらくして、右にそれる道があるので、そこを行きます。
大鳴門橋を見ながらのんびりと釣りができます。

 ダイナミックなさまざまな橋で構成されている瀬戸大橋です。本州〜四国の連絡道ですが、せっかくなので、のんびりと橋を眺められるポイントを紹介します。もちろん海のそばなので、釣りもできます。我が家のお気に入りのポイントです。

 瀬戸中央自動車道「児島」ICを降りて南下すると、瀬戸大橋のたもとに「田土の浦公園」(たづちのうらこうえん)があります。公園の入り口へは、鋭角に右折する必要があり、1度切り返す必要がありました。
 ここには、あまりきれいではありませんが、トイレもあります。利用客のほとんどは、釣り客で、すぐそばの堤防からチヌやメバルをねらっていました。潮の流れはたいへん速く、川をみているようでした。
 公園内には、石畳や芝生などがあり、子どもたちも橋を見上げながらのんびりと楽しんでいました。
 駐車場の西側は芝生ではなく土の地面で、バーベキューなど火をつかった料理も可能だと思います。
 
 公園の近くには、鷲羽山ハイランド岡山おもちゃ王国があります。

岡山おもちゃ王国にて

 与島SAのさらにマニアックな!?ポイントがこのフィッシャーマンズワーフです。特に何がということはありませんが、P泊するなら、SAよりもこちらのほうが静かだと思います。一度SA降りて、さらに標識をさがしてください。すぐにアクセス路が見つかると思います。